FC2ブログ

東大三国志研究会Blog

駒場祭についてやら

今年も無事駒場祭を終えることができました。
雨だったり金曜日が平日だったりと悪条件が重なったにもかかわらず例年と同様多くの方にご来場いただき、企画側としても嬉しく思います。会場で頒布した無料冊子につきましてはまたPixivとBOOTHにアップしたいと思いますので、紙のものを入手できなかった方はぜひそちらをご利用ください。
そのほか、『雑覇』のバックナンバーのうち現在電子化しているのは諸般の事情で38以降のみとなっておりますが、それ以前のものについても読みたいという声がありましたので、文章だけでもPixivなりこのブログなりでアップロードしようかと考えております。すぐにとはいきませんが、ご期待いただければと思います。

また、今年は非常に多くのOB・OGの方にお集まりいただきました。はじめてお会いする方も多く、筆者の入部以前の三国志研の活動について多くの興味深い話を聞かせていただくことができました。
来年をもって東大三国志研究会は創立25周年を迎えますが、いまのところとくに計画などはありませんので、OB・OGの方でなにか思いつかれた方がいらっしゃいましたら企画していただけるとありがたいです(丸投げ)。
話題にあがりましたオフセット本の刊行の件についてもいつかネタが集まればぜひ実現したいと思います。

さて、1ヶ月後にはあっという間に冬コミですが、頑張ってなんとか新刊を出したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



  1. 2019/11/25(月) 21:39:09|
  2. イベント参加|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コミケの感想やら

ぼちぼち某ミケの疲れが抜けてきたので久しぶりの更新です。

まず、当日我々のところに足を運んでいただいた方はありがとうございます。
今回は既刊の売上がそれほどでしたが、新刊はいつもと同じくらい多くの方に手をとってもらえました。
常連の方が新刊を買いに来てくださるのも嬉しいですし、たまたま立ち寄った方が中身を見て買っていかれるのもそれに勝るとも劣らない喜びがありますね。
昨今は委託販売やDL販売を行うサークルも多く、筆者も買う側としてよく利用しておりますが、本を買ってくださる方との直の触れ合いというのはやはり即売会ならではだと思います。
そのあたりに関して言うと、今回の表紙は我ながら会心の出来でしたので(自画自賛)、通りかかった方の反応が多かったのも個人的に嬉しかったです。
新刊についてはTwitterなどで告知しましたようにのちほどBOOTHでDL販売を予定しております。
誤字・脱字の修正やハイパーリンクの追加などを行おうと思っておりますのでもうしばらく時間がかかるとは思いますが、また販売開始になりましたらお知らせいたします。

さて、次のイベントとしては駒場祭がありますが、今年は「その後の孫呉」と銘打ちまして石亭の戦いから滅亡直前ぐらいまでの呉を扱おうと思っております。
横山光輝『三国志』などではほとんどカットされているので知名度はイマイチですが、二宮の変などの楽しい(?)イベントも多いので個人的には楽しみです。
まだ具体的には準備が始まっていませんが、後輩の方々がきっとうまくやってくださるでしょう(他人事)(筆者はちょっと卒論が……)。

それでは今後とも三国志研究会をよろしくお願いいたします。

P. S.
再来週の三国志展観覧にご一緒されるOB・OGの方は当日よろしくお願いいたします。




  1. 2019/08/16(金) 22:39:50|
  2. イベント参加|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

近況報告と五月祭(コミアカ)について

時が過ぎるのは早いもので、いつのまにか前回の更新から3ヶ月以上経っていました。
よく考えたら新歓についての報告もまだしてませんでしたが、今年は何があったのか例年の3倍ほどの方が新たに三国志研に加わりました。
学友会の加盟更新申請書も提出しましたので、無事来年の創立25周年を迎えることができそうです。
普段の活動としては、まだなかなか新入部員の方の嗜好や知識のほどが掴みきれていないので『三国殺』というボードゲームでお茶を濁しております(今月には拡張パック『国戦』の発売が控えておりますので、まだしばらく飽きは来なさそうです)。
一応、そろそろ上級生が原稿を持って行って真面目な活動もしたいとは思っています。

ところで、ご承知のように今週の土日には本郷の方で五月祭が開催されます。
例のごとく当会もコミックアカデミーの方に参加するわけですが、以前Twitterの方で告知しましたように執筆部隊の人出不足により今回は新刊の頒布の方を見送らせていただきます( ノД`)。
一応いくつかネタをあたためておりますので、夏以降にはきっと……。
過去記事を集めた『既刊輔臣賛』シリーズの刊行もちょっといろいろ立て込んでたのでしばらく先になりそうです。
というわけで、当日は昨年のコミケで発行した『雑覇39』と『雑覇38』をそれぞれ300円と200円で頒布します(一応『雑覇38』の方は改版して第2版というかたちになります。なお、ちょっと印刷データのミスがあったのでBOOTHで頒布しているものとも若干内容が異なりますが、だいたい同じです)。
また、すでにメーリス等でお伝えしておりますが、2日目の終了後に打ち上げを行う予定ですのでご都合のよろしいOB・OGの方はご参加いただけると現役生が喜びます。


P. S.
現在サークルのイベントとして夏の三国志展の観覧を予定しております。また後ほどOB・OGの方にもお声がけしたいと思っておりますので、頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。





  1. 2019/05/16(木) 22:57:28|
  2. イベント参加|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『雑覇』電子版販売開始のお知らせ

タイトルの通りですが、BOOTHで当会の会誌『雑覇』の販売を開始しました(洒落)。
現状では昨年刊行した『雑覇38』と『雑覇39』が購入可能です(以下商品ページ)。

雑覇38(第2版)
雑覇39

38の方については前回の記事で電子化は難しいと言ったのですが、重版にあたって色々修正してたらなんか勿体なくなってきたので電子化に踏み切りました(なお、37以前に関しては諸々の都合で電子化は多分本当にしません)。
説明文にも書いてあるように「第2版」とありますが、38については誤字・脱字の修正に加えて大幅なレイアウトの変更も行なっているのでこのようにしました。内容としては会場で頒布したものと変わりはありません。
一応39の方についても修正を行なっているので厳密に言えば第2版と表記するべきなのでしょうが(奥付には2版としています)が冗長になりそうなので、単に「雑覇39」とだけしています。
また、今後刊行するものについても原則的にはすべて電子化してBOOTHに並べるつもりです。値段については最初に会場で頒布したときと同じ、時期についてはあまりはっきりとは言えませんが初版の発行から2、3ヶ月後になるかとおもいます。誤字・脱字の修正を行うための期間ということももちろんありますが、会場に来て新刊の値段で買ってくれる方々への優先権ということでご理解いただければと思います(誤字・脱字については先に買っていただいた方が損をするかたちになっていて申し訳ございません。こちらとしてもできるだけ冊子版と電子版の差がなくなるように努めていくつもりですm(_ _)m)。
前回のコミケでも(滅多に完売などしないのに)真っ先にうちのスペースに足を運んでくださった方々がいたそうで(筆者本人はその頃宝探しにいって不在でしたが……)、ありがたい限りです。
会場で我々の本に目をとめてくださる方はもちろんですが、そのような常連の方々のおかげで東大三国志研究会はなんとか活動を続けることができております。本当にいつもありがとうございますm(_ _)m。これからも皆様に楽しんでいただけるような原稿を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

P.S.
2年の雌伏のときを経て部室が復活しました(*≧∀≦*)
これで新入生がいっぱい入ってくれれば……

  1. 2019/02/11(月) 22:47:35|
  2. 重要なお知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬コミ感想と今後についてやら

まず昨日足を運んでくださった方々、本当にありがとうございます。
打ち上げでOBの方に売りつけた分でちょうど手持ち分の新刊完売となり、既刊の売り上げも好調で久々の黒字と相成りました。

やっぱり呂布すごい……

また、別のOBの方がお母様を派遣して購入してくれたり、打ち上げのお店で帰り際に何の集まりなのか聞かれ、しゃべってみるとその店は運営母体の方々がよく飲み会で使うところだったり(お店の方はこちらの素性にだいたい気付いていたようです)と、なにか不思議な縁を感じる一日でもありました。

さて今後についてですが、部員としては今回で三人の先輩方が卒業なさり、三国志研の部員はだいたい半減することになります。それに加えて残ったうちの一人(筆者)も卒論があるのでなかなか寄稿できるか怪しいところですが、少ないなりになんとか頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします(OBの方がご覧になっていましたらいつでも寄稿を受け付けておりますので是非ヾ(o´∀`o)ノ)。まずは何より新歓で新入生を集めなければ……。
また、雑覇の電子化(といっても単にPDFですが)をしようかなというのをぼんやり考えておりまして、昨日出した39と来年以降のもの(38以前はもろもろの都合で難しい感じです)がその対象になると思います。ただ、まだ青写真段階ですので詳しいことが決まったらまたお知らせいたします(個人的には会場に足を運んでくださる方があまり損をしないようにという方向で値段やらを設定したいと思っています)。
あと、国立博物館で三国志展をやるようなので、それについても部員みんなで行ってレポートとかの記事にしようかなと思ってます。

だいたい今思いつくのはこんなあたりでしょうか。
それでは皆様よいお年を。


P.S. 来年はもうちょっとマメにブログとwikiを更新したい……


  1. 2018/12/30(日) 21:08:54|
  2. 回顧と展望|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ