東大三国志研究会Blog

第60回駒場祭

 こんにちは、うまよしすえつねです。
 駒場祭は大きなトラブルもなく、無事終了することが出来ました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。準備や企画に協力してくださった皆様、お疲れさまでした。

 教室の立地が良いとはいえず、人がこないのではという心配は杞憂に終わり、時間帯にもよりますがなかなか盛況な人の入りでした。会誌の売り上げも好調で、雑豚第二刷、雑覇22は完売いたしました。
今日の完売以降に教室を訪れ、それらの本を購入できなかったという方がおりましたら、申し訳ありませんでした。

以下、第60回駒場祭・三国志研で勃発した事件の数々を発表いたします。

・早稲田大の三国志研究会から外交使節来たる

 早稲田の三国志研究会から、訪問された方がおりました。忙しい時間帯で、細やかな対応ができなかったのが申し訳ないところです。わざわざお越しいただき、ありがとうございました。今後合同企画など、やってみるのも面白いかもしれません。

・超分煙、諸葛亮コスプレのまま麻雀企画に乱入

 東大三国志研究会の展示発表が行われていた真下の部屋で、麻雀企画が行われていました。超分煙はうまよしすえつね、maitoらに唆され諸葛亮コスプレをしたまま乱入、一局打つことになりました。結果は4人中2位。勝てないけど大負けしない、まるで諸葛亮の北伐ような結果に終わりました。これがコスチュームの力か……。

・レアOBが捕獲される

 2日目である日曜日には、多くのOBの方々にきていただきました。中でも紳々と竜々氏は4, 5年ぶりに他のOBたちと再会されたということで、当会は非常に盛り上がりました。江東の燕氏、司馬懿太郎氏、紳々と竜々氏、 2次韓嵩氏、騒人志向氏、火口豚炎上氏と錚々たる面子が一堂に会しました。わざわざお越しいただき、ありがとうございました。

・謎のビラ

 11号館に四つある階段のうち一つでしか教室にたどりつけないという最悪の立地であるマイナスを少しでも減らすために11号館各所に教室の場所を示すビラを貼っておりましたが、気が付いたら作った覚えのない、会員が誰も知らないビラが貼りつけられているというミステリアスな出来事が発生いたしました。三国志研史上最大のミステリーといってもいいのではないでしょうか。東大三国志研七不思議の一つとして、当会の歴史に刻まれることでしょう。

 ──貼った人、怒らないから名乗り出てください。もしやったのが当会会員ならこの人だろうな、というのは絞れているんですが……それなら教室に顔を出してくださいよ(汗

・上海のテレビ局の取材を受ける

 もうそろそろ店じまいかな、と思い始めた三日目午後四時頃、突然女の方が来て、「カメラに移していいですか?」と聞いてくる。駒場祭全体の取材でちょっと移すのかなーと思いOKを出したら、なんか来たのが上海のテレビ局で、会長である私にインタビューとか始めました。え? え? アポなんか何もなかったんですが。何喋ったらいいかとか思いつかないんですが。

 放送日時は不明ですが、中国で、私が焦ってテンパり、早口で喋ったり言葉に詰まったりする酷い映像が放送されることになるようです。力不足でごめんなさい。日本で放送されない上海のテレビ局でよかった。

 ……つーか事前のアポくらい取って下さい。あとレポーターが質問する内容を予め教えてください。カメラが回っている状態で質問の答えを考えなきゃならないって凄く焦るんです。




 そんないろいろなことがあった、充実した三日間でしたが、来てくださった皆様に再びお礼を申し上げて、今回の日記の締めとさせていただきます。ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 22:36:46|
  2. イベント参加|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ