東大三国志研究会Blog

こんばんは。土佐坊 昌俊です。読み方は「とさのぼう しょうしゅん」ですよ。念のため。

さて今回の会合では、智真くんが水滸伝の四姦の一人、蔡京について発表してくれました。私服を肥やしたり、自分の親族を優遇したり、都合の悪い情報を皇帝に告げずに揉み消したりと、やりたい放題の典型的な奸臣なんですな。でも、書道の才能はあったと。これは私見ですが、恐らく曹植みたいな芸術家肌の人なんじゃなかったのかと。ある方面が突出しているかわりに、他の部分が大きくへこんでる。まあ曹植とはへこんでる部分が大きく違いましたが。

水滸伝は漫画で読んでる割に、蔡京は初耳だったんですな。まあ漫画といっても園田三国志の隣にあったぶあつい漫画なんですが。それも原作者が園田三国志と同じというね、あれですよ。ハハハ。そのあと横光のも読んだはずなんですが。「絵が手塚治虫っぽいな」ぐらいの印象しか残っていませんでしたよ。おいおい。あと、「こいつジャイアントロボで見たことあるな」とも感じましたね。こっちがオリジナルだって。まあ筆者は「神世紀伝マーズ」を見たときもなんかアルベルトっぽい人がいる」と思ったような人間ですからね。

発表に関することを書くべきなのに独りよがりな文章ですな。いや失敬失敬。よく分からないところがある人は筆者まで直接お尋ねください。それでは。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/14(水) 22:13:21|
  2. 会合報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月21日 | ホーム | 6月7日会合

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/10-225ce070

| ホーム |