東大三国志研究会Blog

【告知】東大三国志研 第二回新歓会合 4/21(木)

じつはブログの更新は半分くらい私の趣味だったりします。

どうも、エブリデイせつなさ炸裂のワジマヌリです。


まずは先日の新年度初例会においでいただきました皆さま、ありがとうございました。
次回の会合に関する再度の告知です。

第二回例会は今週4/21(木)に実施いたします。
時間は前回同様18:30-、場所も同じく学生会館1Fロビーです。

外部からお見えの方は京王井の頭線「駒場東大前」下車ののち、
駒場キャンパス正門脇の案内板で「学生会館」の場所をご確認ください。
キャンパス内の案内板には「学生会館」が記されていないものも多いのです。


次回の例会ではとくに変わったイベントなどはやりませんが、とりあえず

1)前回会長の玄宗氏から提案があった演義特集本『三国志BASIC』(仮)の内容に関するミーティングと、

2)もしそのあと時間があればわたくしワジマヌリが蔡文姫の父として注目度急上昇中(?)の「蔡邕」(さいよう)について簡単なレポートを行います。

なお、現役メンバー&新入会員による原稿orネタ振りレポートは随時歓迎中☆



下の写真(↓)は文京区本郷の農学部キャンパス(弥生キャンパス、南北線「東大前」下車)を散策中に見つけた「朱舜水」の記念碑です。

P2011_0418_134655.jpg

かの「東大赤門」(本郷キャンパス)はかつての加賀藩上屋敷の遺構ですので、大学全体が加賀藩の土地であったかのようなイメージがありますが、必ずしもそういうわけではありません。上の「朱舜水先生終焉之地」の碑がある弥生キャンパスはもともと水戸藩中屋敷のあった場所であり、また東大病院の一帯は加賀藩の支藩の富山藩・大聖寺藩の土地でした。

いろんな遺物を観察しながらキャンパス内をぶらぶらするのも楽しいですよ?
現役東大生のみなさんはぜひお試しあれ(=ω=)-b


そうそう、上記のように当サークルの活動場所は渋谷区の駒場キャンパス(京王井の頭線「駒場東大前」下車)でして、文京区の本郷キャンパス(南北線「東大前」駅下車)ではありません。

お訪ねの際はくれぐれもお間違えなきよう…。
スポンサーサイト


  1. 2011/04/19(火) 16:53:12|
  2. 会合報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

5月5日コミティア参加&5月祭コミアカ参加のお知らせ | ホーム | 三国志研にっき 4/14 初会合

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/135-256161e6

| ホーム |