東大三国志研究会Blog

三国志シンポジウム報告

ども、うまたせ(挨拶)
二足歩行式自立型毒電波発生器 火口豚炎上です。
本日(7/29)は第2回三国志シンポジウムでした。
当会もコメンテーターとして参加させて頂きました。
というわけで、その報告です。

朝、とりあえず迷いながら会場へ向かいます。
道に迷うのは毎度のことですが、駅から一分の場所を迷ったのはさすがにダメージが大きいです。
いくら自分が地図を読めないからといっても、ねぇ…。

そんなこんなでとにかく会場には到着し、シンポジウム開会。
午前中は先生方の発表。
ハイテクを駆使した上田先生の発表に驚き、コメンテーターをいぢりながら発表する渡邉先生に爆笑しながら、時間はあっという間に過ぎていきます。

昼休み。
他大の三国志研究会や先生方と打ち合わせを兼ねて昼食会…、のはずが世間話に終始しました。
しかも今振り返ってみると、他大との親睦を深めようとしている某氏を邪魔していたような気がしなくもない…。
スミマセン。

そしていよいよ午後、我々の出番が来た!と思ったら…
「では各大学の三国志研究会から一つずつ質問をしていただいて、その後一般の方々の質問を受けたいと思います。」
え、話と違うんですけど。
まず、我々が質問して、その後一般質問ではありませんでしたか?
でも、時間はたくさんあるから大丈夫だろう、と思っていたのですが。
甘かった。
大甘でした。
いやもう、沈先生や劉先生、周先生が喋る喋る喋る喋る…。
客席にいた劉、周両先生がいろいろ質問するだけでなく、沈先生の意見に補足と称して、喋ること喋ること。
結局私は質問をせず仕舞いでした。

いや、でも大変楽しいシンポジウムでしたよ?
少なくとも自分は、来年もまた来よう、と思いました。
…来れればね。

ではでは。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/29(土) 20:10:53|
  2. 会合報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新入生の独断専行による駒場祭打ち合わせ | ホーム | 夏コミ参加のお知らせ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/17-a43b5465

| ホーム |