東大三国志研究会Blog

11/27会合

こんにちは、カルピスです。11/26の会合について報告させていただきます。

今回は駒場祭後の初会合だったわけですが、
この時期には駒場祭で知り合った方々がやって来て、会合がとても賑やかになることがあります。
去年入ってくれた三木杉さんやハニカミ王平さんも、この時期に知り合った方ですね。
そして今回は、戦史研究会所属のSさんが遊びに来てくれました!

081126_2045~01

上の写真は、Sさんが持ってきてくれた「孫子」というボードゲーム。
春秋戦国時代の国取り合戦を再現したもので、今回は春秋時代シナリオをやりました。
戦史研究会では、定期的にサークルのメンバーや他団体の人を呼び集めて、
こういうボードゲームで遊ぶのだそうです。現在の我々にとっては未知の文化ですね。
そして実際に遊んでみたところ、このゲームは非常によく出来ていて、

「斉よ、わが国と同盟を結ぶなら、軍勢を置いて他国から守ってやろう」

「楚よ、○○と××(地名)を共に攻めようではないか。成功した暁には、どちらか一方を割譲しよう」

と、みんなノリノリ。
途中まではこんな感じで妙に生々しい勢力争いを繰り広げていましたが、
ゲーム中盤で盤上に蛮族が大量発生
どの国も他国と争っている余裕が無くなり、最終的にはプレイヤー同士の争いが殆ど無くなってしまいました。
何と言うか、これでもかって言うほどリアルに春秋時代なゲームでした。

楽しい時間は矢のように過ぎるということで、結局学館の電気が落とされる直前までゲームやってました。
これを機会に、三国志研と戦史研の友好を更に深めることができたらな、と思います。
今回は本当にありがとうございました。
スポンサーサイト


  1. 2008/11/28(金) 04:08:46|
  2. 会合報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月23日 鍋会 | ホーム | 駒場祭・・・書ききれなかった事ほか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/71-6f95e1ba

| ホーム |