東大三国志研究会Blog

2008 東大三国志研の一年

ああ、長い一年も残すところあとわずか。変わり映えのしない三国志研の一年はどうだったのか、ちょっと振り返ってみましょう。

2008
一月 会長:カルピス一万尺/ワジマヌリ
忘年会もやったのに新年会をやってみる。
追いコンまでのつなぎとして、レジュメ発表なんかの活動をやったり、晋書持ってきて読んでみたり。
会長後継、ワジマヌリ。

二月 会長:ワジマヌリ
追いコン。偏尺・騒人志向・虞翻中傷ら三国志研の重鎮、追い出される。

活動終わり。会員各地へ散る。

三月 会長:カルピス一万尺?
会長ワジマヌリ、異国へ去る。

前会長カルピス一万尺、会長不在の隙を突いて実権を握り、新歓冊子の編集合宿を牛耳る。

書く文和・騒人志向・門+活・虞翻中傷、台湾でワジマヌリを発見。

臣さんしのや曰く、
思うにこの騒動はワジマヌリが会長職を引き受けたくないがために仕組んだものであろう。

四月 会長:ワジマヌリ
新歓準備での指揮系統の混乱からか、数年ぶりに新入会員なし。

新入生なしの新歓コンパ、新歓旅行を行う(´;ω;`)ブワッ

臣さんしのや曰く、
思うにワジマヌリの不徳の故である。

五月
恒例のGW旅行は行わず。レジュメ発表などユルめに平常活動。

六月
C74当落発表。そろそろ冊子編集への危機感募る。ポスト偏尺邸となる合宿先の選定が難航。

七月
『レッドクリフ Part1』、大陸・台湾・韓国で先行公開。書く文和、台湾から原稿を寄稿する。

編集合宿、智真の粋な心遣いで合宿場所決まる。合宿中、原稿のページ数が足りないという事態が発覚。

印刷前の数日間で会員から原稿を掻き集め、表紙絵も完成させるという荒業で『雑覇21』なんとか完成。

臣さんしのや曰く、
元来編集合宿の原稿は合宿前にネタ合わせを行うのが常であった。これを廃したのはワジマヌリの罪である。

八月
C74の三日目に参加。持ち込み80余部中の50部を売る。会員某曰く、「やはり場所が・・・」

臣さんしのや曰く、
すべては三国志研OBの徳の故である。

九月
会長ワジマヌリ、再び異国へ去る。駒場祭への会員の危機感募る。

十月
駒場祭の準備がなかなか始まらず。レッドクリフ公開に合わせてテーマ「赤壁」と安易に決定。同時に駒祭特別冊子の作成も決める。会員某曰く、「これはもうだめかも・・・」

臣さんしのや曰く、
思うにワジマヌリの行き当たりのなさは万事このようであった。

十一月
『レッドクリフ Part1』日本公開。公開初日、会員・OB一同連れ立って映画観賞。

映画鑑賞会の翌日、門+活邸で編集合宿。翌日未明、冊子のタイトルを決めていなかったことに会員一同愕然。うまよしの案、『雑壁』に一同安易に飛びつく

早稲田祭訪問。早大三国志研と外交関係樹立?

印刷後、休日返上の突貫作業で駒祭の準備が完了。ほぼ同時期にC75の落選判明。

駒場祭の三日間(土・日・月祝)、映画の影響か非常に盛況。『雑覇21』完売。『雑壁』も在庫僅少。

臣さんしのや曰く、
臣はこう聞いております。「小人は同じて和せず」

十二月
会員某曰く、「冬コミ落ちちゃったねぇ・・・」
鍋忘年会。門+活邸に会員一同押しかける。


来年の展望:
とりあえず新春冊子(仮)、新歓、五月祭が目下最大のイベントでしょう。こんなサークルでも一年まとめると長くなるもんだ。ではでは皆さんよいお年を。

あ、そうだ、忘れてた!入会希望の方はいつでもご連絡下さい!!

臣さんしのや曰く、
ワジマヌリの記録は遺漏・異同が多く、信ずるに足りない。
スポンサーサイト


  1. 2008/12/30(火) 23:03:37|
  2. 回顧と展望|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

余は如何にして三国志研となりし乎 | ホーム | 12月23日 鍋会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/73-92455430

| ホーム |