東大三国志研究会Blog

駒場祭準備進行中

 こんにちは。うまよしすえつねです。
 駒場祭の街亭模型製作は順調に進んでいます。

09模型制作風景

 写真の真ん中を通っているのが渭水です。完成したらどうなるのかは駒場祭展示でのお楽しみ。

 しかし、模型をここまで作って発覚した出来事が。

……祁山作り忘れた

 あれー、10月31日の模型制作で私が途中で帰った時点では、ここにも山を作るという話をしていたと思うんだが、その後度忘れしたみたいですね……

 さて、どうやって祁山を補完しよう。

1. 増築
2. 口述
3. 破壊
4. 逃走

 どうする? どうする三国志研?

──破壊や逃走はしませんのでご安心ください。念のため。




 さて、新入生たちが駒場祭代表者会議に出席していた土曜日、私は一人早稲田祭2009にて行われた、早稲田三国志研究会の展示を見てまいりました。

 まだ新刊の製本が終わっておらず、発表を聞いている間に待つという事態に遭遇したのは少々面食らいましたが、発表内容はも?っと! おジャ魔女 周瑜というタイトルのネーミングセンスには強い疑問を抱いたものの、無難に南郡の戦いを概説できており、三国志をそこそこ知ってる、というレベルの方には悪くない発表だったのではないかな、と思います。

 早稲田の新刊の感想……は、早稲田三国志研究会の方がもし駒場祭にいらっしゃったらその時にでも。内容のネタバレはあまりよろしくないでしょうし。

 なお、以前の記事にありますように、東大三国志研究会の駒場祭新刊『街亭クライマー』はすでに印刷・製本を終了しております。何か大きなトラブルでもない限り、駒場祭開始直後から頒布を開始できると思います。既刊の『雑覇22』『雑豚』も頒布する予定です。
スポンサーサイト


  1. 2009/11/10(火) 10:42:22|
  2. 会合報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

第60回駒場祭 | ホーム | 駒場祭新刊完成!

コメント

裸の祁山様

遠征お疲れ様です。仔細についてはメッセ等でまたおいおい。

>祁山
「ほら、ここに山があるでしょう?じつはこの山は愚かな人間には見えないのです…」というのはいかがですか(笑
  1. 2009/11/10(火) 18:41:37 |
  2. URL |
  3. ワジマヌリ@北京 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toudaisanken.blog66.fc2.com/tb.php/97-ceca9bc8

| ホーム |